腰痛

腰痛でお困りではありませんか?

腰痛とは

一言で腰痛と言いましても様々な種類があります。

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊椎間狭窄症・脊椎圧迫骨折・脊椎腫瘍・馬尾腫瘍・腎尿路系疾患・婦人科疾患・腹部大動脈瘤・解離性大動脈瘤etc…などは総称して特異的腰痛症と呼ばれます。

椎間板症・椎間関節障害・仙腸関節炎・筋膜性腰痛症・ぎっくり腰・心因性腰痛症etc・・・などは非特異的腰痛症と呼ばれています。

それらをひっくるめて腰痛といいます。(整体院で見てもらえるのは非特異的腰痛症です。特異的腰痛症は病院で診断してもらえるはずです。)

 

腰痛の原因とは

腰痛の原因としては、急な動作をした際の筋肉傷。腰周辺の筋肉が疲労。長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形病気などがあげられます。

病院に行かれた方で腰痛が発生する詳しい原因が確定できない場合は約85パーセントといわれています。原因不明でも決してあきらめないでくださいね。
ただ腰痛で苦しみ、悩んでいる人は大変多く、一生のうちに腰痛を体験する人は実に8割近いという報告があるくらいです。

 

腰痛の始まりは

多くの人々を悩ませる腰痛ですが、腰痛を発生するようになった理由は人間が二足歩行になったことが原因といわれています。

人間には高い知能があり、 そのため他の動物と比較すると脳の重量が大きくなりました。その結果、頭部の重みを頚部のみで支える四足歩行から頭部の重みを全身で支える 二足歩行になったといわれています。(逆も真かも?)

また二足歩行になったおかげで両手が自由になった事も人類が発展してきた理由の一つと考えられています。

二足歩行になった人間の腰部は身体の中心となり、あらゆる動きや力を支える基盤となりました。・・・その結果、腰部は多大な負荷を受けるようになりました。

しかし、腰部は背骨1本のみ(正確には少し違うのですが…)でその負荷を受けとめています。

そうなると必然的に背骨に付着する靭帯や椎間板やその他の軟部組織、 筋肉への負担が強くなってしまうのです。

その負荷が積み重なることにより痛みを発生すると考えられる腰痛が大半を占めています。

さらには、無理な姿勢での作業の継続負担が大きい姿勢で強い力を急に出そうとすれば当然腰への負荷は一気に高まり、それまでの負担と相俟って ぎっくり腰などを引き起こす可能性も高まります。

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加